ここでメニューオープン

INTERVIEW

野嵜 敢

酪農コンサルタント

scroll

牛は生き物なのでそう単純ではなく、現場で起こっていることは教科書には書かれていないことばかり

― 主な業務内容を教えてください

繁殖検診・蹄病治療・ゲノム部門・受精卵部門を担当しております。

― 酪農の仕事を選んだ理由を教えてください

この仕事を選んだのは、学生時代から食糧生産に携わる仕事をしたいと考えており、中でも牛乳や乳製品が大好きで、獣医師としてその生産の一助になりたいと思ったからです。
また、牛という大きな動物を相手に仕事をすることに魅力を感じました。この会社は農家さんに親身に寄り添う仕事をしており、そのことが入社の決め手になりました。

― 仕事のやりがいや、うれしいと感じたことは何でしょうか?

妊娠鑑定で胎児を見つけられるようになる、日々新しい知識を農家さんとともに学ぶことができるなど、すこしずつ技術・知識が身についてきたことを実感するときは喜びを感じます。
また、学生時代に研究していたこと(クリプトスポリジウム、マイコプラズマ)が仕事に直結してくることもやりがいのあるところです。今後、一人前になって農家さんの役に立つ仕事をできるようになっていきたいです。

― この仕事で一番大変だと思うことは何でしょうか?

農家さんによって多様なニーズがある中で、それに応えていくための知識・技術を身につけていくことは大変だと感じます。牛は生き物なのでそう単純ではなく、現場で起こっていることは教科書には書かれていないことばかりです。ただ、同時にそのことは非常に刺激的で面白く、やりがいのあることだと思います。

― 今後の目標や挑戦したいことを聞かせてください

農家さんに親身に寄り添うコンサルタントになりたいです。まだまだできないこと、わからないことが多いですが、誠実に仕事をし、少しずつ成長していければと思います。
また、農家さんの収益向上につながる、ゲノム・受精卵業務の高度な知識・技術も伸ばしていきたいと思います。

― 休日の過ごし方をお聞かせください

ドライブや温泉を楽しんでいます。特に美幌峠から見下ろす屈斜路湖の雄大な景色が好きです。

― これから酪農の仕事を目指す学生にひとことお願いします

牛を飼うということは、そう単純ではないんだなと入社してからつくづく感じています。ですが、その分面白さ、やりがいのある仕事だと思いますので、ぜひたくさんの人が酪農に関わってくれたらと思います。

先輩社員インタビュー

北海道紋別郡湧別町芭露450-3

pagetop